大和葡萄酒を象徴するワイン

大和葡萄酒は樹齢約130年の指定文化財であるブドウの樹「甲龍」を管理しています。大和葡萄酒ではその「甲龍」と、同様の指定文化財の三森甲州(樹齢約100年)より枝分けした甲州種のブドウなどを使用した日本独自のワインを醸造しています。 またそれぞれに個性豊かなワインをお楽しみいただけます。

歴史

独自の価値形成

大和葡萄酒の創業家である萩原家は江戸時代初期より山梨市落合にて代々油問屋(約250年間)を営んでいました。当時親戚のつくり酒屋と大地主である萩原3家で庄屋としての役割を兼務しており油問屋の当家は代々右八を襲名していました。明治の文明開化と共に、明かりを灯す油は電気に替わり家業の油問屋は廃業を余儀なくされ、現在の山梨市下栗原に移転しました。

明治の時代を生き抜いた萩原保太郎(13代目最後の右八)は製材業・穀物卸・ぶどう園・都内不動産貸付・酒屋などを家業に山梨市下栗原の栗原葡萄酒組合(現在の勝沼フジッコワイナリー株式会社の設立に寄与してきました。当社の創業は、保太郎が勝沼に基盤を移した時大正2年と致しています。その後代は啓太郎に替わり、第十一葡萄酒組合の設立に寄与してまいりました。

昭和28年第十一葡萄酒組合は大和葡萄酒株式会社に法人化致しました。 昨今では、1990年に長野工場開設、1995年にビール事業、そして2001年より当社骨子になるワインブランド構築を行っています。現在の社長・保樹は4代目です。 2012年(創業100周年)よりメインブランド名をD E L I A N(デリアン)からL'HUGGY(リュギィー)に変更致します。L'HUGGY(リュギィー)は創業家萩原の萩(ハギ)に由来したものです。

ワイン一覧


  • ▲甲龍

  • ▲垣根甲州

  • ▲大阪紫葡萄

  • ▲右八

  • ▲YASUMASA

甲龍

百数十年の樹齢である甲州葡萄の原木“甲龍”。日本における百年もの葡萄の歴史を今に伝えます。日本で唯一の百年樹とそのクローンから造ったワイン。
指定文化財「甲州百年樹甲龍」が実らせた珠玉の葡萄を丹念に仕込み醸造、樽熟成させました。スッキリとした辛口に仕上げています。1樽(230リットル)の限定です。

 白/辛口  720ml/5,441円(税込)


垣根甲州

今までの甲州とはちょっと異るワインです。香りが芳醇に広がり厚みと複雑さが加わったワインに仕上げております。又余韻も長く豊かさをしっかり感じるワインです。 「垣根甲州」は大和葡萄酒の商品テーマである「凝縮・複雑・エレガント」を求めて1997年より栽培を開始しました。過去において甲州の垣根栽培は絶対不可能が定説でありましたが、品種特性を理解し、必要と思う作業工程を加えることで 収量、品質において目指す目標を具体的な指数を持って達成いたしました。

 白/辛口  720ml/5,400円(税込)


大阪紫葡萄

大阪紫葡萄は、日本古来品種として大阪に古くから根付いており、歴史上では1592年頃、太閤秀吉の時代に大陸より持ち込まれたとされています。 シュールリー製法により、アミノ酸がワインに溶け込むことで深みを増し、グレープフルーツのような香りとほどよい酸味が心地よいドライなワインに仕上げました。

 白/辛口  720ml/3,000円(税込)


右八

日本ではめずらしいシラー種を鳥居平・等々力で育種しております。一段と凝縮されたまろやかな味わいの中に、ややスパイシーさがあります。 油 屋右八の名は250年ほど前、当社の経営者一族萩原家が油問屋を営んでおり、その当主が代々その名を襲名していたことに由来します。

 赤/フルボディー  720ml/3,990円(税込)


やすまさ

長野県松本市(旧四賀十二原地区)産のメルローなどをよく熟成させたこだわりのワイン。葡萄のもつアロマと熟成のブーケが一体となって柔らかいテイストを一層引き立てた逸品です。

 赤/フルボディー  720ml/3,990円(税込)


ページトップに戻る